The Drifters(ザ ドリフターズ)

The Drifters(ザ・ドリフターズ)はクライド・マクファターを中心に1953年に結成され、アトランティック・レコードからデビューしたコーラスグループ。 その後現在に至るまでメンバーの交代やグループの分裂による変遷が目まぐるしいが、リードシンガーとしてベン・E・キングが加入した1958年からが最盛期。 「ダンス・ウィズ・ミー」、「ラストダンスは私に」などの数々の大ヒット曲を生んだ。 1960年にキングが脱退した後も安定した人気を続け、「渚のボードウォーク」などのヒットを放った。 アトランティックを離れた1970年代以降は活動の拠点をイギリスに移しているが、元メンバーによるオリジナル・ドリフターズも存在する。 1988年に両グループのメンバー7人がロックの殿堂入りを果たした。 [tubepress mode=”tag” tagValue=”The Drifters Stand By Me”]

目次
閉じる