GIANT(ジャイアンツ)

製作年度:1956年
製作国・地域:アメリカ
上映時間:201分
監 督:ジョージ・スティーヴンス
原 作:エドナ・ファーバー
脚 本:フレッド・ジュイオル 、アイヴァン・モファット
音 楽:ディミトリ・ティオムキン 、レイ・ハインドーフ
出 演:エリザベス・テイラー ロック・ハドソン ジェームズ・ディーン マーセデス・マッケンブリッジ サル・ミネオ ロッド・テイラー キャロル・ベイカー バーバラ・バリー デニス・ホッパー

『シェーン』の巨匠ジョージ・スティーヴンス監督が壮大なスケールで描き出した、20世紀前半のアメリカ一大叙事詩。テキサスの大牧場主ビック・ベネディクト(ロック・ハドソン)のもとにメリーランドから嫁いできたレズリー(エリザベス・テイラー)は、家の古い慣習をつぎつぎと打ち破りながら、夫を愛し、子を育てていく。 一方、彼女を密かに愛する牧童頭ジェット・リンク(ジェームス・ディーン)は、手に入れた土地から石油を掘り起こし、一夜にしてベネディクト一族を超える大金持ちとなっていく…。 金と名誉を手に入れながらも愛に飢える男ジェット、かたやジェットに追い抜かれながらも妻から「真の英雄」と最後に讃えられるビック。 およそ30年にわたるふたりの男とひとりの女の関係性をとおして、人間の真の誇りと栄光が巧まずして描出される。人種差別や偏見といった部分も隠さず描かれ、単なるアメリカ礼讚に終わってないところもすばらしい。 永遠の青春スター、ジェームス・ディーンの遺作。ロック・ハドソン最上の存在感。そしてエリザベス・テイラーがもっとも美しく輝いている映画である。すなわち、映画史上に残る一大傑作。これぞ「映画」だ。

目次
閉じる